【可児店】家づくりの現場紹介③

2014.12.01 |

こんにちは
可児店のスタッフです

9月の初めから「家づくりの現場紹介」として
ひとつの現場を追って
家づくりの流れをお伝えしております

第3回目は木工事です

前回は、基礎の工事と上棟をご紹介いたしました

第3回目、第4回目は2度に分けて
筋交いや階段、サッシなどを取り付けていく「木工事」の様子をご紹介いたします

20141112161435-512

壁に筋交いが入りました

アイフルホームでは、筋交いの入った壁(耐力壁)を
お家全体でバランス良く配置することにより、
耐震等級3相当のお家づくりをおこなっております

耐震等級とは、数百年に一度発生する大地震に耐えうるレベルの
耐震性能を耐震等級1として、
その1.25倍を耐震等級2、1.5倍を耐震等級3と表したものです

つまり、耐震等級3のアイフルホームのお家は
数百年に一度の大地震の1.5倍の地震力に対しても
倒壊しない
強さを持っている
のです

また、アイフルホームでは面材を使用した構法もおこなっており、
お客様のプランやご要望に合わせてよりよい構法をご提案しております
どちらも耐震等級3を実現しております

20141112161411-262

階段も取り付きました

次の写真の黒いものは何でしょうか

20141112161738-447

こちらは制震装置「MIRAIE」というものです

制震とは、建物に装置を取り付け、地震の揺れを吸収するものです
繰り返しの揺れによってお家が受けるダメージを抑えることができます

 
miraie
住友ゴム工業株式会社の制震ダンパー「MIRAIE」は
地震の揺れの最大70%を吸収・低減する性能を持っており、
「MIRAIE」を搭載することで
繰り返しの余震にも耐えられる強いお家
を作ることができます

片桐建設では安全・安心の住まいを提供するため、
「MIRAIE」を標準仕様としてお付け致しております

着々と工事が進んできました
どのようなお家が出来上がるのでしょうか

次回は引き続き木工事の様子をご紹介いたします
お楽しみに