伊那市で注文住宅やリフォームを本格的にお考えの方は、まずは断熱材について理解しておくことをおすすめします。住宅で困ることとしてシックハウスやエネルギー問題がありますが、他にも問題となりやすい断熱材の効果について、高気密高断熱にも対応できる伊那市の片桐建設だからお伝えできることをご説明します。

住まいに断熱材が必要な理由

住まいに断熱材が必要な理由

お住まいのリフォームや注文住宅の見えない部分で重要となるものの一つに断熱材があります。断熱材は床下や壁、天井に組み込まれているのが一般的です。では、なぜ住宅に断熱材が組み込まれているのでしょうか。

夏の遮熱と冬の保温目的で断熱材が大きな活躍をします。外気と室温の差をうまく遮ることで、住宅内の暖房・冷房などのエネルギー効率をよくする働きが断熱材にはあります。

もし断熱材がなければ、夏の日差しによる熱が直接伝わり、室内の気温が高くなってしまいます。また、冬には木造住宅などは特に、外気の冷たさが室内に入り込み足元などが冷えてしまいます。その場合、暑さ寒さ対策として冷暖房を必要以上につけることになってしまいます。

断熱材を住宅に用いることで外から暑さや寒さを遮り、室内を一定の温度で保つことができるため、エネルギー使用量を抑えることができます。

住まいに断熱材を取り入れるメリット

住まいに断熱材を取り入れるメリット

断熱材のメリットは、室内の温度が適度に保たれるというだけではありません。断熱材を取り入れた住宅の多くは計画的な換気も計算されているため、シックハウスなどお住まいの方への健康にも配慮することが出来ます。

また、断熱材を用いるためのポイントは、換気システムの合理化です。断熱材がある家では自然に換気させることをせず、換気システムによって計画的にポイントやルートを設定して住宅内を喚起させることが必要です。住宅内を適切に換気させることで、シックハウス症候群などのアレルギーを緩和させることにつながります。

最近の住宅では換気システムが導入されていますが、中古住宅や長くお住まいになっている住宅で気になる場合は、断熱材と換気というポイントを考慮してリフォームすることをおすすめします。

今回は住宅リフォームや注文住宅を考える時に、チェックすべき断熱材について伊那市の片桐建設がご紹介しました。断熱材はエネルギー効率や環境維持にも欠かせないため、事前に断熱材の重要性を理解しておくことが大切です。また、片桐建設では高気密高断熱の注文住宅・リフォームにも対応しています。

伊那市エリアで注文住宅をお考えなら片桐建設へ

会社名 株式会社 片桐建設
本社住所 〒396-0001 長野県伊那市福島1471
TEL 0265-78-7181
FAX 0265-73-7380
URL https://www.katagiri-kensetsu.jp/